夜行バスは目的地に直接行ける。

旅行の目的にも色々なものがあります。「日頃の疲れを癒したい」、「現地でしかできないことをしたい」、「非日常を楽しみたい」、等々です。 「持てる時間をめいっぱい使って観光を楽しみたい」という目的で旅行に行くのなら、夜行バスを使うのがオススメです。 夜行バスを使うと、出発は深夜、到着は早朝となります。例えば金曜日の夜に出発して、車内で睡眠、土曜の早朝には現地で観光開始、というスケジュールが可能です。この場合、土曜日の早朝に新幹線や空路で現地に向かうより、ずっと早くに観光を始められます。逆に、復路は、終電がなくなってしまうような時間帯まで観光を続けることが可能です。短いお休みでも、存分に非日常を楽しめます。 また、「現地の食べ物を満喫したい」という目的であっても、夜行バスの旅は有効です。早朝から深夜まで現地に居られるということは、朝ごはんから夕飯まで地元のお店で食べられるということだからです。ただし、泥酔状態だと乗車を断られることもあるので、節度を持って楽しむことは最低限必要ではあります。しかしそれはどんな交通機関を使う場合にも必要なことなので、マイナスにはならないでしょう。 うまく活用すれば、ほかの手段で行く旅行とは一味違った旅が可能になります。

おすすめの予約サイト

大人気のウィラー・トラベルの夜行バス予約サイト

様々なシートタイプからバスを選べるため希望のバスが選びやすいサイトです。

HISの国内旅行予約サイト

国内最大級の店舗を誇るHISの国内旅行予約サイト。豊富なプランから希望のツアーが選べます。

夜行バスは寝られるのか?

夜行バスはその名の通り夜に走るバスですので、快適に眠りたいものですがなかなか眠れないこともあります。 そんな時は、耳栓やアイマスクを使用しましょう。バス内では周囲の物音やエンジン音が気になったり、光などが目についたりして眠れなくなることも多いので、それらを遮ってくれるこれらのグッズは非常に役に立ちます。耳栓の代わりにイヤホンを使って携帯音楽プレーヤーで音楽を聞くのも良いですが、音が流れていることでうまくリラックスできなかったり、音漏れや光漏れが周囲の他の乗客の迷惑になることもあるので注意が必要です。 また、尿意を感じてしまうと寝ることが難しくなるので、飲み物は利尿作用のあるお茶などは避けミネラルウォーターにし、飲む量も脱水症状を起こさない程度にして過剰摂取しないようにしましょう。 それでも眠れない場合は、夜行バス自体のグレードを上げてみましょう。グレードの高いバスにはゆったりとした3列シートや顔を隠せる機能、トイレ、各種アメニティなど、快適に過ごすための設備が充実していることが多いので、より眠りやすくなると思います。 また、最初のうちは眠れなくても、夜行バスを何度も利用していくうちに慣れて眠れるようになることもあるので、最初から眠れないと決めつけず、何度か利用してみるといいかもしれません。
バスを探すなら全国のバス会社を横断検索して3000便の以上から選べる夜行バス比較サイトが便利です。人気路線の東京大阪の夜行バスディズニーランド行の夜行バスも複数社から選べるため便利です。